×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

まんじゅしゃげ(彼岸花)が<咲くまで>&<枯れるまで>

私の歳時記

トップページ|前のページ |次のページ

曼珠沙華U

 

曼珠沙華咲くまで

 (写真↑左から)
1日目→2日目→3日目→4日目→5日目→そして6日目満開!

曼珠沙華が咲くまで

花芽を出す―9月13日―
(2005年。以下同じ)
 そろそろ、曼珠沙華が・・・と思って記憶をたどって木陰に入りました。
 やはり、花茎が芽を出し、それに蜻蛉(とんぼ)がとまっていたので喜びました。(いちばん上、表題の写真)

 しばらくして、少し離れた日当たりのいい場所に、別の株をみつけました。この株には数えて5本。蕾の紅色の出方から、半日から1日はやい、昨日か一昨日芽が出たと思います。

茎がのびる―14日―
 翌日、花茎がすっくと伸びました。

蕾が膨らむ―15日―
 ついにつぼみ(蕾)がふくらみ、その重さのためか、茎の上のほうが微妙に曲がりました。

花びらが開く―16日―
 いちばん南がわの花びらが最初に開きました。
 蕾がますます紅色を濃くしていきます。

8分咲き―17日―
 これだけ咲いたら、もう満開宣言してもいいでしょう。
 花茎1本が、まだ、蕾でした。

満開!―18日―
 待ちに待った満開です。
 ちょうどこの日は、十五夜、満月の日(2005年)です。

 たまたま、開花前後の天候や場所が満月と重なったのです。
 曼珠沙華は「彼岸花」という名でも知られており、秋の彼岸頃に咲くのがふつうとされています。

 今回、あらためて毎日観察した結果、茎立ちから満開まで約1週間を要するということがわかりました。
 19日には、はやくも色が褪せはじめています。枯れるのを見るのもいささか興ざめですが、普通、そこまでは見ることも少ないので書き加えます。下段をご覧下さい。

 *Sept.2006.renewal

このページのトップ

咲いたあとで

ついに枯れはじめる―24日―

 やつれ髪よりぼろぼろの感じで枯れはじめました。
 (2005年9月24日。上が昼過ぎ、下が夕方。)

 彼岸の中日が過ぎ、気のせいか、日の入りもめっきり早くなった感じがします。
 花の枯れるさまは、いつでも、どれでも、哀れです。
 この曼珠沙華は哀れというより「すさまじい」感さえあります。

 わずか半日で形が崩れ、色も、どっと褪せてしまいました。


天候やところによりけりでしょうが・・
 
 わたしの脳裏に、その昔、嵯峨野を通り過ぎたとき、畦に色あせた曼珠沙華の叢れを見た場面がよぎります。
 それまで、たくさんの曼珠沙華を見てきたのに、なぜか、ひどく寂寞とした気分になりました。
 それでも、左の写真のようなすさまじさはありませんでした。


枯れのこる―26日―

 日に日に枯れ、茎も細っていく曼珠沙華は、もっと惨憺たる感じがします。

 このようすを「幽霊花」と呼ぶのではないでしょうか?
 (05.9.26撮影)



影のように

 10月8日、寒露。
 久しぶりに曼珠沙華を見ました。この秋は気温が高いことの影響があるかもしれませんが、茎が頭頂に花の残骸をつけて、いまにも倒れそうになっておりました。
 まわりには、ツワブキの花が黄色に咲き、すっかり主役は入れかわっています。
 これが、曼珠沙華の変わり果てた姿とは思えないほどです。
 私には、感慨一入のものがありました。(2005.10.08撮影)

 このあと、葉が出ます。(前のページ「余話」)

このページのトップ